ズボラでもできる経理業務|フリーランスママの日常より

経理業務ってどうしてる?

開業届出したら、必ずついて回るのがこの経理業務

イメージとしては自分の事業の家計簿をつけるようなもんです。

一番いいのは、税理士さんや経理代行さんにお願いします〜!って毎月経費でかかったレシートや請求書などの書類を送ることですが
開業当初は何かと最初は元手がないからこそ極力お金をかけたくないって思っちゃいますよね!

私OL時代に経理業務に12年携わってましたが、基本ズボラです。
毎月面倒なことはしたくない!と思い、開業する時からもうお金に関しては苦労しない仕組み作りを心がけてました。

確定申告前に1年間分を慌てて処理して、間に合わないなんてことがないように、私が実際にしてるズボラな私でも苦なくできる経理業務をご紹介します!

@su_koike

今は会計ソフトが経理知識なくても大丈夫なものが多く
機能も優秀すぎるもの多いので問題ないですよ〜

お金の流れをシンプルに

自分がズボラと自覚してる方こそ、難しいことを一切せずお金の流れをシンプルにすることがすごく大切になります。

現金の管理、銀行口座でのやりとりの管理、売掛の管理など管理するものを極力増やさないだけで、一気に楽になります。

その上で、
ポイントは①プライベートと事業をしっかり分けることと、②オンライン化と③自動化です!

駆け出しの時は、取引も少なくすごく楽なのですが、グッと増えた時にポイントを踏まえて準備しとくことで
後の経理処理がすごく楽になるので、ぜひこれから開業準備する方、駆け出しの方はポイント踏まえてみてくださいね!

ポイント1 プライベートと事業をしっかり分ける

事業でのお金の流れを明確にわかるようにするために、プライベートのお金の流れと事業のお金の流れをしっかり分けることが大切なポイントです!

WEBデザインだと、サブスクしてるデザインソフトの月額費用を最初私はプライベートで使用してるカードで支払ってました。
カードの明細全部裏付けにしてその中で、蛍光ペンで事業だけの内容を書き出して・・・と
第三者が見てもわかるように「事業で使用してるのはこれですよ〜!」と準備するのは、余分な手間です。

そこで、カードも、銀行口座もプライベートとしっかり分けることが最初にすべきことの1つです。
口座として作ってて使ってない銀行口座を自分の中で、これは事業用として使ってもいいですし、事業用として作るもよし!

銀行口座、カードをプライベートで使ってるものを分けると経理処理がグッと楽になるので、まずはここがすごく大切です。

交通機関でのも移動が多い場合も、Suicaもプライベートと事業用で分けてるのもお勧めです!

ポイント2  オンライン化

次のポイントは、オンライン化です。なるべくオンラインで登録すると情報見れるものは全てちゃんと登録をします。

私の場合ですと、事業用の銀行口座やカードの明細などをオンライン上でチェックできるようにオンライン登録済み。
それ以外にも、Suicaカードをオンラインでチェックできるように登録したり、電気代の流れをオンラインで見れるようにログイン登録してます。

最初の登録はすごく手間を感じるかもですが、これをしとくと
「あの振り込みの控えどこいった〜〜〜!!!」がなくなりますw

特に光熱費は事業用で事務所や店舗を構えてなく、在宅でしてる方は家事按分で経費で計上する分を計算する必要があります。
毎月のことだからこそ、オンラインで確認できるようにしとくとすごく便利です。

ポイント3 自動化

最後のポイントは自動化です。

今のオンライン会計ソフトのほとんどが銀行口座とカード、Suicaなどと同期することで、仕分け作業を自動で明記してくれるものが多いです。
1,2でしっかり準備しとくとこれが一気にできるので、帳簿付が楽になります。

自動化してないと、銀行の通帳記載して、それを見ながら1つ1つ記載して、仕分けの内容を書いてという作業が
自動化だと、画面上に出てくる銀行のお金の流れの仕分け作業のみとなります。

経理が苦手!という人ほど会計ソフトを駆使して手間を少しでも減らすことを考えましょう


優秀な経理ソフトのご紹介はこちらから

フリーランスにオススメ会計ソフト4選!【2021年度】

個人事業主になってお金の動きを記録する際に、エクセルで管理でもいいのですが、簿記の知識が必要だったり後々の確定申告で大変な思いをします。 今の会計ソフトはどこもすごく使いやすくなってたり、痒いところに手が届く機能が満載で […]


最初に手間をかけると

最初にオンライン化や自動化は、少し手間に感じるかもしれません。

でも、これをしとくと確定申告も毎月の処理もすごくスムーズになってきっと経理処理をするしんどさが半減します!

通帳記載にいちいち銀行行ったり、交通ICカードの履歴を都度出力するために駅に行く手間も省けます。

今は経理ソフトが、簿記の知識なくても使えるようにすごく進化をしてるからこそ、オンライン化で連結できるものは全て連結することを意識して準備してみてくださいね!


Follow me!