ママWEBデザイナーにとってiPadは必須ガジェット

2019年からiPhoneと同じiOSだったiPadが、別のiPad独自のiOSになりました。これによってタブレットならではの機能がますます充実することに。(画面分割しての同時起動が可能に!)

そして続く秋には、世界のデザイナー待望の「Adobe Photoshop」のアプリが登場、2020年には「Adobe Illustrator」のアプリがリリース予定と、デザイナーにとってiPadがますます必須のガジェットになってます。

特にママデザイナーにとっては、必須のガジェットだと声を大にして言いたいw

ママこそiPadは必須ガジェットの理由

デザイナーが持ってて損はないiPadをなぜママデザイナーに特にオススメするか詳しく説明します。

⑴時短や隙間時間に最適なため

主婦や、子育てママは自分のことだけでなく、家族のことで動く時間が1日の大半を占めます。
ましてや、土日祝日や連休になると子どもの在宅時間が伸びると、集中して5時間6時間は無理。
せいぜい1時間〜2時間を何度も中断しながらの作業です。

私自身、子どものいる日はなかなか「PCの前にゆっくり座る」そんな時間ありません。
お昼寝してもせいぜい1〜2時間。我が家は離れると泣かれたので、息子の方向をみて
作業するようにしてたので、ほぼタブレットを使用。

他にも、子どもの習い事ってママの送迎がセットなので、待ってる間に車で、カフェで
待合室でも作業ができちゃいますね!

⑵ノートPCよりいろんな姿勢で作業ができる

甘えん坊な息子を抱えてたので、寝かし付けが終わり寝室出ようとすると「ギャーーー」と
よく泣かれました。納期の時は本当にそれでやきもき!
とりあえず足をくっつけたまま寝てる横で私も寝っ転がりながら、タブレットで作業を進めてました。

寝っ転がっても使える!これ最高です(笑)

場所と姿勢を選ばないので、台所で煮物を煮る時も、立ったまま片手で作業したりできるのは
PCよりタブレットですね!

⑶アドビアプリが熱い!

既に冒頭書いてますが、「Photoshop」アプリは、本当に待ち望んでました。
PCの作業の方がやりやすいものももちろんありますが、タブレットで作業できるとなっただけで
一気に作業場所が自由に感じました。

外で急ぎのバナー修正をちゃっちゃと作業できたとき
本当に「アドビ!ありがとうーーー!」と心から言いたくなりました(笑)

いよいよ今年は「Adobe Illustrator」appの発売!(1月リリースと聞いてるけどまだ出てない(1月13日時点))

今までaiデータは「Affinty Desiner」で開いて作業をしてました。しかし、「Affinty Desiner」はトンボが
西洋トンボしかないので、印刷物をタブレットで完結することは厳しいものがありました。

イラレアプリでタブレットでDTP完結できたら嬉しいなぁと、今から楽しみにしてます。

仕事と家事と子育てと

夏も冬も風邪シーズンは大体、うちの子も風邪をもらってきます。
家で子どもがいる時に、PCばっかりのママじゃ、子どももかわいそう。
もちろん仕事を理解してくれてるので、作業はできますが、書斎にこもってなんてできません。

だからこそ、PCもタブレットもうまく利用して、自分も家族も笑顔を目指してます。
集中する時間が取れればPCに。隙間時間ならタブレット。文字を打つならノートを出して・・・と
効率的に、合理的にこれからも、ますますiPad活用していきます!

デザイナーママさんで、タブレット買おうかどうか悩んでる方いたら、その参考になったら嬉しいです(^^)

これからも、意外と知らない活用方法やフリーランスにオススメアプリなど、発信していきたいと思います!
後、アップルウォッチも!(これもママにとっては超便利アイテム!)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です